×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

△5六歩or△4四歩急戦

▲4五歩を位を取ったら、慣れていないとすぐに▲4六銀と位を守りたくなってしまう。
しかしそれには△5六歩の仕掛けを許してしまう。これですぐにつぶれるわけでもないが、やはり△5三銀と飛車がとまってから▲4六銀と立つべき所だったか。
▲4五歩に△4四歩と反発する順はあまり見ないが、ないわけでもないようだ。

△5六歩急戦

△5六歩急戦

△5三銀と来る前に早目に▲4六銀と上がった。この場合、△5六歩が成立するが、角をさばいて▲5七金が用意の受け。▲5六歩と打って5筋がかなり手厚くなったか。 同様に早目の▲4六銀をとがめる△5六歩の仕掛け。角道を閉じているので角がさばけなかった。相手の角筋に玉が入るのが嫌だったので▲7九玉と妙な位置に。相手のミスでからくも勝利。
△4四歩急戦

 
 
▲4五歩に対してすかさず△4四歩と反発する手もあるようだ。   

戻 る